最近、メンタル記事ばかり書いていたので小休止で

身体ネタを書きます。

 

 

やっと秋らしくなってきたこの頃。

 

夏は暑いからお風呂に入るのが億劫で・・・。

という人も

 

これからの季節はお風呂に入りやすいんじゃないでしょうか?

 

 

そこで今日はダイエットに効果的なお風呂の入り方を

ご紹介。

 

せっかく入るなら効果的に入りたいものです。

 

 

まず、1つ目のポイントはお湯の温度になります。

 

ダイエットのために大切なのは自律神経を整えること

なのですが、

 

自律神経が整いやすい温度というのがあるんです。

 

それは38℃〜42℃。

 

この温度が副交感神経の働きを強めて、

リラックスさせてくれます。

 

お風呂でリラックスできるとその後のその後の睡眠の

質も上がります。

 

 

半身浴ではなく、全身浴を。

 

これも大切なポイント。

 

普段は、半身浴派の人は結構多いと思いますが、

実は全身浴の方がダイエット効果は高いです。

 

 

その理由も自律神経。

 

首から背中にかけて、自律神経の司令塔

ともいうべき、

 

自律神経節があるからです。

 

この部分を温めるとすごくリラックス効果が高まります。

 

 

身体がしんどい時や肩こり、首こりが辛い時も、

肩甲骨の間のあたりを温めると、

すごくコリがほぐれて楽になることが多いです。

 

 

自律神経のバランスが整い、

余分な力みや緊張が解かれるためです。

 

そして、最後に入浴している時間です。

 

何分、お風呂に浸かっていればリラックスできるかは

実は個人差があります。

 

10分の人もいれば、

30分以上必要な人もいます。

 

 

そのため、自分の感覚も大事。

 

「身体が緩んだなぁ」

「なんだか眠くなってきた。」

 

そんなことが一つの目安になります。

 

基本的には20分ほどでリラックス効果が得られると

されています。

 

5分などの短時間ではリラックス効果が得られませんので、

せめて10分以上は入るようにしてくださいね。

 

 

 

夏の疲れや、季節の変わり目で身体が疲れやすい時期です。

 

お風呂でしっかりリラックスしてくださいね。