ネガティブ。

 

ネガティブはダメ。

ポジティブはグッド!

 

 

そんな価値観が世の中には充満していますが、

 

それでもネガティブな自分は出てきちゃう。

 

だって人間ダモーーン!!

 

 

ちなみにネガティブな感情ってどんな感情?

 

妬み、自己不信、怒り、不安、etc・・・。

 

 

ネガティブ感情が本当に「悪」だとしたら、

なぜネガティブ感情は私たちに備わったのでしょう??

 

 

考えてみたことありますか?

 

ネガティブ感情を感じている時には

私たちの脳の扁桃体という部分が活性化しています。

 

 

 

 

 

この部分は最も「原始的な脳」と言われている部分。

 

本能の部分です。

 

 

 

ここが活性化してるということは、

私たちの本能からのお知らせが発動している

ということ。

 

本能というのは私たちの生命の「生きるか死ぬか」

を司る部分です。

 

別の言い方をすれば生命力とも言えます。

 

 

だから生物学的な見方をすれば、

 

ネガティブな人は生命力が強い人。

 

 

ということになります。

 

 

やーん。

ネガティブ感情ってめっちゃ大事ジャーン!

 

と思いました?

 

 

そう、ネガティブ感情ってめっちゃ大事です!

 

 

これが全くない生物は、他の生物に食べられてしまったり、

災害などでやられて絶滅してしまいます。

 

 

これからはネガティブ感情が湧いてきたら、

 

「私の生命力が発動しているわ!」

 

と思ってください。

 

そして、できたらなぜ発動しているか?

 

がわかるといいですね。

 

例えば「不安」という感情の場合、

 

「このままでは自分にとってまずい状況になるかも。」

 

ということを本能が感じているということになります。

 

 

そうした場合、

 

・今の状況のどの部分がまずい感じなのか?

・予防策は何か?

・本当にまずい状況になるのか?

 

などを点検すると良いです。

 

 

ちなみに、ネガティブ感情は誤作動も起こしますので、

そこもチェック。

 

本当に「不安」を感じるべき状況なのかどうか?

 

 

 

そんなことをしていくと、

誤作動を起こしにくくなります。

 

ネガティブ感情が湧くことが少なくなってくる。

 

 

そして適正なネガティブ感情を上手に使うことができるようになります。

 

 

「そんなことを言っても、ネガティブ感情は辛い!!」

 

早く無くしたい!

 

という方のための記事はまた書きますね!