ブログに書く事をここ最近悩んでいまして、

私のお店は

 

「パーソナルトレーニング」と

「整体、リンパケア」

 

のお店なわけです。

 

 

そんなお店のブログですが、

 

私はメンタルの事も書きたくて、

 

というのは、

 

マナレアが提供していきたいのは

 

「美」なのであります。

 

 

 

ちょっと私自身の事を書かせて頂きますと、

私は子供の頃、

親の愛情をあまり感じる事が出来ませんでした。

 

私の母はとても若くして私の事を生んで、

自分自身の事でいっぱいいっぱいでした。

 

父は「父自身の嫌な部分を集めたような子だ。」と

 

私の事を嫌いました。

 

 

そして、とても悲しい事に私は

 

自分が愛される価値がないと信じてしまいました。

 

 

だけど、とても辛くて、自分を愛したくて、

誰かに愛して欲しくてもがきまくりました。

 

 

私は

 

『きっと美しくなればみんなが愛してくれる。』

 

 

と思いました。

 

 

そして、美しくなるためのあらゆる努力をしました。

 

O脚だった脚を矯正してみたり、

 

筋トレをして、体脂肪率10パーセント台になってみたり、

 

メイクやファッションも必死で勉強しました。

 

 

「可愛いね。」

 

「綺麗だね。」

 

 

と言われて、嬉しい気持ちになる事もありました。

 

 

それでも自分の中に開いている穴はずっーと

埋まりませんでした。

 

 

その穴を見ないで過ごそうと思っても、

私はその穴から目を離すことが出来ませんでした。

 

 

そして、私は自分の心と向き合う事にしました。

 

自分の心と向き合うというのは

時に辛くて、時にとても疲れる事でした。

 

 

それでも、穴を抱えたまま生きる事に

心底嫌気がさしていた私は頑張りました。

 

 

そして、穴は埋まりました。

 

 

私はもうすぐ40歳です。

 

女性としての生物学的に1番美しいと言われる年齢はとうに超えてしまいました。

 

それでも、私は自分が今、自分史上最も美しいと

思っています。

 

 

それは、世間の価値観とは違うところで

感じる「美」であります。

 

 

しかし、私の周りの人にも

 

「美しくなった。」

 

と言って頂くようになりました。

 

 

心の穴があるころには

「人に綺麗と思われたい。」

 

今は、

 

「自分が自分を美しいと感じる。

そして、それを「美しい」と言ってくれる人もいる。」

 

そして、何よりも幸せなのです。

 

誰かに「美しい」と言われる事ではなく、

自分自身を「美しい」と感じる事が出来ることが

幸せなのです。

 

 

私は子供の頃に母にずっと幸せになって欲しかった。

 

母が幸せになれば、

子供の私にも愛情を与える事が出来る、と子供心に知っていたからです。

 

 

今、電車などで、小さな子供を見ると、

その子の笑顔が輝いているか、

安心感があるかなど観察してしまう事があります。

 

 

女性の皆さん、

 

自分は美しいと知って下さい。

 

そして、幸せでいてください。

 

 

その事が周りの多くの人を幸せにします。

 

安心させます。

 

そのために私は「美」に対する情報を発信していきたいと思います。

 

 

身体の事はもちろんプロとして発信します。

 

そして、私が自分の心の穴を埋めるまでに

感じた気づきなども発信させて頂きたいと

思います。

 

 

日本中に美しく幸せな女性が溢れる事を願っています。