ダイエットは順番が大切。

 

『痩せたい!』

と思って急に食べる量を減らしたり、

毎朝ランニングを始めても、

 

最初のうちはテンションもモチベーションも

高くて頑張れるのですが、

 

 

そのうち、

 

なんとなく、前の食生活に戻ってしまっている。

 

そんな事はありませんか?

 

その理由は

 

ホメオスタシス

 

というもの。

 

 

ホメオスタシスは日本語では、

「生体恒常性」といいます。

 

 

私達の身体は賢いエアコンのように、

 

設定温度が25度に設定されていたら、

室温が高ければ冷風、

低ければ温風を出す、

 

というように常に25度にキープするような

働きがあります。

 

超ざっくり言いますと、

身体をいつも通りに保つ働き

 

と考えて頂ければ良いかと思います。

 

 

この働きのおかげで、

私達は寒い北海道でも、

温かい沖縄でもすごす事ができます。

 

 

が、しかし、

 

一度太ってしまうと太った身体も維持しよう

としてしまいます。

 

 

そして、もう一つ大事なのは、

 

ホメオスタシスには

 

 

身体的ホメオスタシスと

心理的ホメオスタシスの

 

 

2種類あるってこと!

 

 

ダイエットする場合はこれをしっかりと

自覚する必要があります。

 

 

そして、

 

どちらのホメオスタシスも変化させて

いかなければ、

 

現在の体型&体重を変化させて、

そして、その変化を維持するのが

難しくなります。

 

 

そして、まずは手をつけるは

 

心理的ホメオスタシス!

 

 

これを変化させていくとその後のダイエットが

とっても楽になります。

 

 

心理的ホメオスタシスを変化させるのに

大切なことは、

 

 

自分の無意識を顕在化させること!

 

 

私達は自分で

「私ってこんな事を考えているよね。」

 

と自覚できるのが顕在意識といいますが、

 

顕在意識が実に30パーセントのみと言われています。

 

残りの70パーセントは無意識!

 

自分の事を実はよく知らないのです。

 

だから、顕在意識では

「痩せたい。ダイエットしたい。」

と言っていても、

 

無意識は

「ぜ〜んぜん、痩せる気ありまっしぇ〜ん。」

と言っているなんて

 

事がよくあります。

 

 

70パーセントの無意識さんが「痩せたくない」と言っていれば痩せる事は出来ません。

 

もし、一時的に痩せたとしてもすごい勢いでもとの体重に戻ってしまいます。

 

 

だから、ダイエットを始める前に

 

無意識さんと仲良くなる必要があります。

 

そこで、今日はオススメのワークを2つ

ご紹介します。

 

 

 

①太る習慣あぶり出しワーク

 

自分でなんとなく

「この習慣のせいで私太っちゃってるよね~。」

と思う事柄を箇条書きにしていきます。

 

プロのカウンセリングを受けなくても

なんとなく自分でも

『この習慣が太るよね。』と分かっているものです。

 

 

その習慣は無意識にやっているものもあるし、

意識的にやっているものもあるかもしれません。

 

 

一度、紙に書きだして、

自分の習慣を眺めてみましょう。

 
②痩せたら何をしたい?ワーク

名前のまんまです。

とにかく、痩せたら何をしたいかを

箇条書きにしていきます。

 

 

こんな服が着たい。

こんな場所に行きたい。

 

などなど、

 

自分が痩せたらしたいと思っていることを

書きます。

 

とにかく自分がワクワクすることが大事。

 

痩せた後のことを思い浮かべてにやにやするくらい

箇条書きにしていきましょう。

 

 

これは普段、何気なく考えては消えていく

自分の願望、自分のありたい姿を顕在化していく

ワークです。

 

順番は①→②の順番でやってくださいね。

 

 

 

 

自分を知ることがダイエットの1歩目です。