骨盤のリズム1日編はどうでしたか?

 

身体のリズムとともに暮らすと楽に健やかに暮らすことができます。

 

今日はもう少し長い1か月編です。

 

私たちの身体は自然の影響を受けています。

気圧や温度、湿度、

 

そのなかで骨盤のリズムに関係が深いのは月と言われています。

 

月の満ち欠けと骨盤は関係しています。

なんだかロマンティックじゃないですか??

 

 

でも、最近は電気の発達などで昔のように月の関係と身体の関係を実感できる人は

ほとんどいないのですが・・・。

 

それでも実際に影響を受けていることは事実!

 

1か月の骨盤リズムを見てみましょう!

 

新月→骨盤締まる

 

満月→骨盤緩む

 

まずはこれが基本です。

 

 

 

(新月→満月)低調期

 

身体が吸収しやすい時期。

老廃物をため込みやすい時期でもあります。

 

満月に近づくにつれて骨盤は開いていき生理がくる人も多いです。

(もちろん違う人もいますよ。)

 

満月になったらしっかりと骨盤を緩めておくことが大事。

予定を詰め込まないでゆったりとお家で過ごすのがおすすめ。

 

 

(満月→新月)高潮期

 

骨盤が締まっていく時期。

老廃物や脂肪などもぐんぐんデトックスされやすい時期です。

 

この時期は痩せ時!

 

生理から排卵の時期は皮膚が新しく生まれ変わったり、

リンパの流れが良くなって、

身体の浄化作用が高まっています。

 

運動したり、汗をかいたりなんておすすめです。

 

 

 

こうやって書いてみると、

 

「ぶー。低調期、いらないんですけどー。」

 

なんて人がいそうかな?(え?いない?)と思うけど、

低調期は低調期で大切なのですよ。

 

 

しっかりと低調期に緩んで、骨盤が開くことにより、

高潮期にしっかりと骨盤が引き締まり活動することができます。

 

どっちも大事だよー。

ということです。

 

 

最近の傾向としては皆さん、

 

低調期にしっかりとお休みする方が苦手な人が多いので、

生理前から生理中はしっかり休んでしっかり骨盤を緩ませましょう。

 

自分で自分の身体のリズムを知る。

 

そして、一緒に丁寧に暮らしていく。

 

そんな積み重ねが女性を美しくしていきます。