肩こり、首コリ、嫌ですよね~。

マナレアのお客様でも肩こりにお悩みの方はもちろん多いのですが、
最近、腕も触ってみるとびっくりするくらい固いお客様が多いです。

 

腕までがカチカチなんて・・・(涙)。

最新号のananが「二の腕、肩甲骨、背中特集」だったのですが、

美しい二の腕はコリのない肩、首が基本なのであります。

 

上戸彩さんの二の腕キレイですねー。

 

腕がカチカチになってしまう理由の第一位はやっぱりパソコンかしら?

と思いまして、

 

今日はパソコンのタイピングで気をつけてねっ!というポイントを書きたいと思います。

 

 

小指が大事!

 

最近のライフスタイルでは親指や人差し指ばかりを使うことが多いですが、
(スマホとかね。)

 

小指を大事にして頂きたいのです。

 

なぜか、というと、人の腕には2本の骨があります。

名前を「橈骨」(太い方)と「尺骨」(細い方)

 

そして、人の腕はクルクルと回転するようになっています。

肩こり、腕こりにならないためには骨格の構造に沿った動かし方をすることが、

大切なのですが、

 

骨格の構造では

小指と尺骨を結んだ線を軸にして腕を回転させるのが正しい使い方になります。

ですから、腕を動かす時には「小指が主導」が良しなのです。

 

肩こりしにくいタイピングの仕方とは?

 

このことを踏まえて、パソコンのタイピングを考えてみると、
「構え」が変わります。

 

基本的に小指と尺骨は一直線が良いです。

 

 

ちょっとした違いですがこれだけで腕の楽さは劇的に変わります。

小指と尺骨の一直線、意識してみてくださいね!