マインドフルネスという言葉を聞いたことがありますか?

マインドフルネスはグーグルなどの世界の一流企業でも取り入れられていて、
最近、注目が集まっています。

マインドフルネスとは?

 

マインドフルネスとは、

 

「今この瞬間に、偏った価値判断を加えることなく、意図的に、能動的な注意を向けること、
そしてそこから得られる気づき」

 

と定義づけられています。

しかし、ちょっと難しい言い方ですよね。

 

だからもうちょっと簡単にマナレアではマインドフルネスを

 

「今に意識を集中し、自分の心や身体を観察、気づくエクササイズ。」

 

としています。

 

マインドフルネスは脳疲労にきく

 

「脳疲労」という言葉も最近注目されている言葉だと思います。

 

脳疲労とはストレスに長い時間、脳がさらされることによって
脳の機能が低下している状態をいいます。

 

現代は情報量が多すぎる、ことなどもあって脳疲労が起こりやすい状況だといえます。

 

そして、

 

この脳疲労がダイエットにも大きく影響しているのです!

 

こんな人は脳疲労で太っているかも

 

私って脳疲労かも?

 

と思ったかたはこんなところをチェックしてみてください。

 

 

・眠りが浅い

・眠っても疲れが抜けない

・最近集中力が落ちた気がする

・食事のおいしさが分からない(味に鈍感になって気がする)

・イライラする

・不安だ

・自分に価値があるとは思えない

・やる気がおきない

・考えがまとまらない

 

脳疲労があると人は「食べる」という行動に出やすいです。

 

脳疲労は人の意志力を低下させ、理性や判断力を鈍らせてしまいます。

そして、脳疲労は人間の味覚、聴覚、視覚、触覚、嗅覚なども鈍らせてしまいます。

 

脳疲労は

 

人を運動することをおっくうにし、食欲を増やしてしまうのです。
(しかも、ジャンクなものを好みやすくなります。)

 

これってダイエットにすんごく関係ありますよね!

 

1日5分でもマインドフルネスを

 

ダイエットとマインドフルネスの関係は分かっていただけたでしょうか?

 

脳疲労は私たちが私たちらしく毎日を生き生きと過ごすために

是非とも取り除きたいところです。
1日5分でもマインドフルネスは効果を発揮します。

是非、日常に取り入れてください。

今日はグーグル社で取り入れられているマインドフルネス方法をお伝えします。

 

身体に気づくプラクティス

1.リラックスしてイスに座ります。旗を思い浮かべましょう。あなたの背骨が旗の支柱で、あなたの身体が旗になったようなイメージです。

2.次に、自分の意識のスポットライトを思い浮かべ、それを身体に向けていきます。椅子の上にある身体の重さに気がついていきます。

3.ゆっくりと目を閉じましょう。

4.あなたの頭の中に、いろいろな考えごとが浮かんできたかもしれません。身体に向けていたはずの意識のスポットライトが身体から離れて、さまよっているかもしれません。

5.意識が離れていることに気がついたら、もう一度、意識のスポットライトを、椅子の上の身体の感覚に、そっと戻していきましょう。

6.もしかしたら、いろいろな感覚が起きてくるかもしれません。もし、痛みなどの不愉快な感覚が起きてきたら、その感覚に興味を持ち、優しい気持ちでどんな感覚か、観察してみましょう。

参考図書:サンガ編集部(2015)「グーグルのマインドフルネス革命」

脳疲労はお顔にもでますので、(その話はまた別の機会に!)
是非、健やかな脳で生き生きと生活しましょ!