ポジティブなこと、

褒める言葉や、明るい気持ちは人に

伝えやすいけど、

 

 

ネガティブな言葉って人に伝えにくい…。

 

みなさんはどうしてますか?

 

私はネガティブを人に伝えることがとても苦手で、

今でも苦手です。

 

 

それでも、

 

自分の大切な価値観を守るために、

そして、相手にも分かってもらうために

ネガティブを伝えることが

大切な場面もあるなーと最近思っています。

 

 

「私はこんなことを大切に思っている人間なんです。」

 

 

そんな事を表明できると、

相手が分かってくれてもくれなくても、

 

自分が自分の事を大切に出来た感覚が

身体中に広がってくることがあります。

 

 

相手の嫌なところ(と、私が感じるところ)

 

あの時、本当はこうして欲しかった、

あなたに言われたこんな言葉に傷ついた。

 

私は実はこんなことを我慢しています。

 

 

女性は特に

 

でしゃばってはいけない、

わがままではいけない、

思いやりがある女でなくてはいけない、

 

 

なんて雰囲気が

周りにジワっと漂っていて、

 

男性よりもネガティブを言いにくい気がします。

 

 

受け入れる

 

ことが得意な女性ですが、

 

私はネガティブも上手に扱えるようになると、

もっと相手とのコミニケーションが

深みが増したり、

 

実は親密さが増したりすることもあります。

 

逆に我慢を重ねがらその人と付き合っていると

溜まりに溜まったネガティブが爆発して、

その人との仲が決定的に壊れてしまうことに

なったり…。

 

 

私もまだまだ練習中ですが、

練習して気がついた、

ネガティブを伝えるのに大切なポイントが

いくつかあるなー、と思ったので、

 

 

今日はそれをシェアしてみますね!

 

 

・事前準備

 

準備ってほどでもないですが、

心の中や、頭の中を伝える前に整理して

おくと、

 

コミニケーションがスムーズになると思います。

 

私が事前に考えるのは

 

・ネガティブを伝えて、結果どうなりたいのか?

 

相手の行動を改めて欲しいのか?

 

自分は我慢している、とか悲しいって

いう気持ちをただ分かって欲しいのか?

 

もう相手とは縁を切りたいのか?

 

などなど。

 

欲しい結果によって言い方って変わりますよね。

 

 

そして、もし、縁を切りたくないけど、

ネガティブを伝えたいってことは、

 

その相手とより分かり合いたいと思っている、

 

ということなので、

 

その自分の気持ちを確認しておく。

 

 

ネガティブを伝えるのは相手を傷つけるためじゃない、

ってことを確認しておく。

 

 

・実際に伝える時は望む結果を一番最初に言う

 

これは特に男性に対して有効だと思うのですが、

事前準備で確認した望む結果を

最初に伝えるといいな、

 

というのが最近の実感。

 

例えば、

 

「あなたともっと分かり合いたいから言うけど、」

 

とか、

 

「このまま黙っててあなたと気まずくなったら嫌だから言います。」

 

とかそんな風に言います。

 

・自分の気持ちを一方的に言って終わりにしない

 

相手には相手の価値観があって、

自分が嫌だと思う行動しています。

 

ほとんどの場合、悪気がないという事も多いです。

 

相手のその行動をする理由や気持ちを聞く事で、

それだけで、怒りや悲しみが収まる場合も

あります。

 

 

そして、お互いにとって良い道を見つける時は、

どちらかだけの意見ではなく、

2人で道を見つけられると、

 

どちらかに犠牲感がなくて良いという思います。

 

・最後に感謝を伝える

 

ネガティブな事を言われるのは相手にとっても

ショックだったり、

 

気持ちが良くなかったりします。

 

それでも相手が聞いてくれたなら、

もし、問題が解決しなくても

相手に感謝を伝えたいと思います。

 

「聞いてもらって気持ちが軽くなった。ありがとう。」と。

 

 

 

皆さんはどうしていますか?

 

コミニケーションは修行だなー、と。

修行は大げさかもしれないけど、

 

練習が必要だなーと思います。

 

 

私はネガティブなコミニケーションが本当に

苦手だったので、

まだまだ発展途上ですが、

 

気持ち良い人間関係のために、

こらからも練習したいなと思っています。