こんにちは。

久しぶりの投稿になってしまいました。

 

ここ数日間は正直、ブログを書く気分になれませんでした。

 

その理由は我が家の愛犬のポー君の体調がすぐれなかったからです。

 

 

一時は本当に具合が悪くて、

私も色んなことを覚悟しなくてはいけないかな、と

思いました。

 

今はだいぶ復活してきて、

割と大丈夫になってきました。

 

 

私達夫婦は子供がいないので、ポー君を我が子のように

溺愛していて、

 

そんな我が子のピンチに色々と考えさせられました。

 

自分がこんなにもポーがいなくなることを

恐れていることも、

 

想像以上にポーのことを愛していることも、

 

痛いほど思い知らされました。

 

 

 

ポーは何も言いませんが、

ポーの存在を通して学ぶことや感じることは

とても多くて、

 

 

ただ居る、存在している。

 

そのことの貴重さが身に染みた数日間。

 

他の命を通して人は自分のいろんな部分を

感じて気がついていくんですね。

 

他者がいるからこそ、

自分自身をみることができる。

 

 

私はこの数日間、自分が見たこともないくらい

うろたえる自分や、

 

深く他者を愛する自分を見ました。

 

 

ポーがいなかったら見ることがなかったかもしれない

自分。

 

そう考えると、自分のまわりにいてくれる存在は

やっぱりありがたいし、

 

私は他者にどんな影響を与えているかな?と

ふと考えます。

 

 

一緒にいてくれる存在に感謝しつつ

色んな自分を味わおうと思います。

 

そして、願わくば周りに良い影響を

与えられる自分でありたいと思います。