歯列矯正が最近では珍しくないものに

なりましたね。

 

私も子供の頃に歯の矯正をしていて、

かなり辛かったのを覚えています。

 

 

最近の矯正はもう少し楽なんでしょうか??

 

それで、今日ご紹介するのは中学2年生の女の子で、

 

 

歯列の矯正を始めてから、

寝ている時にマウスピースを噛むように指導されて、

 

それを続けていたら受け口になってきた、

 

というケースです。

 

 

女の子も中学生くらいというのは

顔や、身体の骨格が大きく変わります。

 

急に顔が面長になったり、

顎の骨格がしっかりしたり、

 

 

その変化には個人差がありますが、

 

 

『え!?こんな風に変わるの?』

 

と驚くことも少なくありません。

 

 

3回施術後の写真です。

顎の形も華奢になりました。

 

 

 

 

横から見ても顎のが奥に入っているのが

分かります。

 

お母さんも大喜びでこんなメッセージを

くださいました。

 

 

 

歯の矯正の時に小顔整顔も並行して

行うのは実はすごくおススメで、

 

 

頭蓋骨や顔の骨の歪みを整えることで、

 

歯列矯正が早く進んだり、

仕上がりがより綺麗になったりましす。

 

実は、歯並びにも頭蓋骨の影響は少なくないのです!

 

 

特に10代のお子さんは小顔整顔は

骨格が出来上がる前に出来るので、

さらに綺麗に仕上がる可能性が高いです。

 

小顔整顔は7歳以上であれば可能です。