最近の私の気づいた事を

書きたいと思います。

 

 

最近、私の体調が少し不調で、

口の周りには繰り返し吹き出物ができるし、

肌は全体的に荒れてるし、

 

 

なんだか、身体が重だるいような

 

そんな感覚が続いていました。

 

 

 

 

それで、食事量を減らしたり、

フルーツや野菜中心の食事にしたりと

しばらく色々と気にして

 

食事を気をつけていたりしたのですが、

 

一向に良くならない。

 

 

何度も何度も繰り返しボツっ!と出来てくる

大きな吹き出物に憎らしい気持ちにすら

なりました。

 

 

そんなある日、

 

胃が痛くて、

 

ちょっと悲しい気分でした。

 

 

 

胃も悲しんでいるように感じたのです。

 

 

チクチクと痛む胃が

シクシクと悲しんでいるように感じました。

 

 

その時に私は

 

『あぁ、今まで自分の身体をないがしろにしていたんだなぁ。』

 

 

と思いました。

 

 

ボディワークの仕事をしているから、

身体の事を分かっているつもりになって

いただけで、

 

身体に寄り添ってはいなかったのだ、

と気がつきました。

 

 

人の身体の事ばかりを考えて、

自分の身体に寄り添う事を怠っていたんだ、

 

と。

 

 

 

私は

 

今後はしっかりと自分の身体に寄り添っていこう

 

 

と決めました。

 

 

身体が欲するもの欲するだけ食べよう!

 

それが、

 

例えばチョコレートとか、

今まで自分に禁止していたものでも!

 

 

罪悪感を感じる事なくしっかり休もう!

 

身体と向き合う時間を作ろう!

 

 

 

 

と思いました。

 

決心した瞬間に身体の奥のどこかが緩んだのを

感じました。

 

すると、

 

あんなに繰り返していた吹き出物が

出なくなりました。

 

 

身体全体が何となくホッとしたのを感じました。

 

 

 

 

今はジャンクなものでも食べるし、

夜遅い時間にも食べる事があります。

 

 

ただ、身体が

 

「もう必要ないよ!」

 

と言ったら食べる事をやめるようにしています。

 

 

 

身体に対する想いを変えただけで、

 

肌は滑らかになったし、

胃痛も収まり、

身体が軽くなったのには、

 

 

頭では分かっていたけど、

体感してみると驚きでした。

 

 

 

今思えば、

 

当時は

吹き出物や胃痛、肝臓の疲れなどを日々感じ、

それらを苦々しく感じていましたが、

 

 

それは身体からのシグナルだったのだと

腑に落ちます。

 

 

今回感じた、

 

身体がホッとする感じは

 

身体の緩みですが、

 

 

「緩み」

 

というものは奥が深いんだなぁとも思いました。

 

 

私は緩んでいる人が美しい、と言っていますが、

 

 

緩むというのは

 

思考のあらゆる囚われからも自由になるという事。

 

 

 

身体をどこまで緩められるか?

 

思考をどれほど自由に出来るか?

 

 

 

身体に寄り添いつつ深めていきたいと

思います。