「モナリザ症候群」

という言葉を聞いたことはありますか?

 

 

私、クロサワがマックスに太っていた時には

モナリザ症候群だったのではないかな?と

自分で思っているのですが、

 

 

モナリザ症候群とは簡単に言えば自律神経のバランスが

悪くなってしまっている状態で基礎代謝がとても下がってしまっている

状態です。

 

 

 

「水を飲んでも太るわ。」

 

「全然食べていないのに痩せない。」

 

 

そんな人はモナリザ症候群かも。

 

 

自律神経は全身の内臓や血管のバランスを司っている神経です。

もちろん代謝も自律神経が司っています。

 

この自律神経のバランスが崩れていては痩せるのはとっっっっても

難しいのです!

 

モナリザ症候群は

 Most obesity known are low in sympathetic activity》

 

という文章から頭文字をとった言葉です。
(なぜかkは無視ですが。)
直訳すると

 

「肥満者の大多数は交感神経の働きが低下している」

 

という意味です。

 

 

これは1990年に神戸で開かれた国際肥満学会で、

米国ルイジアナ州立大学のジョージ・ブレイ博士により提唱されました。

ブレイ博士によると、

 

「肥満者の摂取エネルギー量を分析したところ

エネルギー摂取量が

平均値を上回った人は全体の3割しかいなかった」

 

と発表しています。

つまり、

 

単純な食べ過ぎで太っている人は3割しかいない!ということ!!

 

 

 

食べていないのに太るなんて!!!

 

食べるのが大好きで、

でも、

痩せるために食べるのを我慢していたのに、

自律神経が整っていなければ私の努力はなんの意味もないのね。。。。(涙)

 

 

 

このことを知った私は途方にくれました。

 

皆さんはこんなことがないようにモナリザ症候群のことを

知って正しく努力してください!

 

 

モナリザ症候群かも?チェックしてみよう!

 

モナリザ症候群の状態になるとこんな症状が出てきたりします。

 

・寝る時間が大抵12時を超えている(夜型の生活)

・睡眠時間の平均が6時間以下

・眠りが浅いと感じる

・昼に眠気を感じる

・全身が重だるく感じることが度々ある

・呼吸が浅い

・運動をしない

・朝食は食べないことが多い

・口が渇く

・ほてり

・落ち込み、イライラ

 

 

 

どうでしたか?

 

何個当てはまりましたでしょうか?

 

当てはまる人は早速改善して痩せやすい状態を作っていきましょう!

 

 

モナリザ症候群を改善する方法

 

 

1、朝食を食べる

 

朝が忙しい、食欲がない、

そんな気持ちはわかります。

 

だけど、

 

朝食は交感神経と副交感神経のスイッチになる大切な刺激です。

 

何か飲み物だけでも(温かいのがオススメ!お味噌汁とかGOODです!)

飲んでから出かけるようにしましょう。

 

 

2、日光を浴びる

 

夏は日差しが強いので日中は家からでないという人も

多いですが、

 

日傘をさしながらで大丈夫なので、

日中に外に出るようにしてください。

 

 

3、姿勢をよくする

 

姿勢は自律神経と関係があります。

日頃から良い姿勢を心がけましょう。

 

特に食事中は良い姿勢にすることで

食べ過ぎも防げます。

 

 

 

4、寝る3時間前からスマホは見ない

 

スマホのブルーライトは脳を興奮させて睡眠の質を低下させます。

 

できるだけ夜はPCやスマホを見ないようにしましょう。

 

 

5、腹式呼吸で自律神経を整える

 

呼吸は自律神経が司っているもので唯一、

私たちの意思の力でコントロールできるものです。

 

腹式呼吸は特におやすみ前にオススメです。

 

 

腹式呼吸とは吐くときにお腹が凹み、

吸うときにお腹が膨らむ呼吸法です。