青汁にはずいぶんお世話になっております。

最近は、野菜が高くて高くて(涙)。

 

なかなか野菜を切って、洗って、サラダを作って・・・

なんていう手間がかけられないこともしばしばで。

 

ということでお手軽に野菜の栄養が摂れる青汁は

とっても便利なのであります。

 

 

青汁は今や様々なメーカーから出ていて、

どれを選んでよいか?

迷うと思うのですが、

 

 

メインの原料によって身体への効果が変わってきます。

 

自分が欲しい効果の原料のものを選ぶと良いと思います。

 

 

青汁の原料で良く使われるのが、

 

明日葉、ケール、大麦若葉などがあります。

 

 

それぞれの違いを説明していきますね!

 

 

 

明日葉

 

セリ科の植物で生命力が強く、

「今日、葉を摘んでも明日には生えてくる。」

と言われて(実際は4.5日かかるそうです。)

明日葉、という名前がついたそう。

 

 

栄養価もとても高く、

β-カロテンやビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEをはじめ、カルシウムやカリウム、鉄などのミネラル類や食物繊維など、美容と健康に嬉しい栄養が多く含まれています。

 

明日葉はビタミンB₁₂以外のほぼ全てのビタミンB群を含んでいます。

中でも細胞の再生に関わり、健康な皮膚や爪をつくるために欠かせないビタミンB₂が特に多く含まれています。

 

しかし、明日葉の魅力はなんと言っても、カルコン、クマリンというポリフェノールが含まれていること!!

 

ポリフェノールといえばアンチエイジングに大切な抗酸化作用が高い成分!

 

そして、ダイエットに嬉しいのは高い脂肪燃焼効果もあるってこと!

 

 

 

ケール

 

ケールはキャベツやブロッコリー、大根などの

原種の野菜です。

 

ケールは、β-カロテンやルテイン、ビタミンC、カルシウム、食物繊維などの栄養素を豊富に含むことから「緑黄色野菜の王様」と呼ばれている野菜です。

 

ケールを原料にした青汁は栄養素は明日葉や大麦若葉よりも多く含まれています。

 

特に多いのが、

「βカロテン」と「カルシウム」

βカロテンは体内で必要量のみビタミンAに変わり、皮膚や粘膜を丈夫に強くしてくれます。

 

お肌の張りやシワ改善の効果があると言われています。

 

また、ケールの特徴は、メラトニンが含まれていること!

 

メラトニンは安眠のための大切な成分です。

アンチエイジングもダイエットも健やかな睡眠は

基本。

 

眠りの質を改善したい方はケールを原料の青汁がおススメです。

 

 

 

大麦若葉

 

大麦若葉を原料にしている青汁は比較的飲みやすいものが多いようです。

 

 

大麦若葉の注目成分はなんといってもSOD酵素!

 

SOD酵素は高血圧、動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病を

予防する効果があると言われています。

 

老化の大きな原因の1つである、

活性酸素を除去する効果があります。

 

活性酸素は私たちの体の60兆個の細胞を傷つけてしまいます。

SOD酵素は活性酸素の攻撃から細胞を守ってくれるのです!

 

 

さぁ、どうでしたか?

 

どれも魅力的な効果のある青汁の原料たちですが、

しっかりと欲しい効果にあった原料を選びたいものですね。

 

参考にしてみてください。