こんにちは。

今日はこの前、参加させていただいた、

「視機能講座&小松式ビジョントレーニング」

の学びをシェアしたいと思います。

 

この講座もすごく楽しくて!

身体は全体で1つ。

全てが繋がり、バランスをとり、

美しく健康な身体を保っている。

 

そんな所に身体へのロマンや、

神秘を感じていますが、

 

目が身体へと与える影響はとても大きくて、

しっかりと勉強したいところだったんです。

 

まだまだ学び足りませんが、

 

この前の講座を少しシェアしますね!

 

 

 

 

人には五感(聴覚、視覚、触覚、嗅覚、味覚)というものが

ありますが、

 

その五感を使って私たちは外の世界を認識しています。

 

五感のどの感覚が認識能力に一番使われるのか?というと

 

そりゃもう視覚がダントツで1位でなんと83%も視覚に頼って

私たちは世界を認識しております。

 

目にある角膜というものは聞いたことがある方も多いとは

思いますが、その角膜にある内皮細胞というのが

とっても大事な細胞で、

 

黒目の一番内側にある細胞です。

 

老化などで内皮細胞の数が減少してしまうのですが、

内皮細胞が減ってしまうと瞳の透明度が悪くなってしまったりします。

美しい瞳を保つためには内皮細胞が大事なのです。

内皮細胞は減少したものは二度と元に戻らないので、

 

大事に大事に保っていくことが必要です。

 

長時間のコンタクトレンズの着用などは内皮細胞の減少につながりますので、

要注意。

 

そして、もう1つ面白かったのは視野の歪みとお顔のシワの関係

 

人の視野にも歪みというか得意な方向と苦手な方向が

あるのです。

 

寄り目が得意な人もいれば苦手な人もいたり。

 

 

 

目は上の画像のように筋肉で支えられているんだけど、

この筋肉の筋力のアンバランスが原因のようです。

 

例えば外斜位の人は目が外にずれているために、

中央に目を寄せるのが苦手。

 

だから、スマホなど小さいものを見るときに

額にシワを寄せて表情筋を使って目を寄せてしまう癖が

できやすく。

 

額の真ん中にシワができやすい、というような感じ。

 

 

実はお顔のシワの原因はお肌の衰えだけではないのです!

 

目の歪みが無意識の癖を作り、

シワを作っていたなんて!

 

ということで、

 

目のトレーニングをやってみると、

私は右目が弱いことが判明。

 

そして私のおでこには右側だけうっすらと横ジワが入っているのです!

これは実は目のせいだったかも!!!!

と俄然、熱を帯びて目のトレーニングを右目を重点的にしました。

 

そうすると、

 

ものすごく視界が明るい&目が楽!

 

今までが見えていなかったことにもびっくり。

(コンタクトの視力はあっています。)

ビジョントレーニングの動画がありました。

ご自分が弱い方を重点的に鍛えると効果大。

 

自分がどちらが弱いかわからない人は、

最初に誰かにヴィジョントレーニング中の眼球の動きを

見てもらって、

 

動き方がガタガタしていたりする方が弱い眼球です。

 

 

強い目で表情美人を目指しましょう!