最近の私の興味はもっぱらアンチエイジング!!

もうとにかく若々しさを保ちたいのです。

 

 

それには身体の中からのケアが必要ということで、

最近はインナーケアに関する本を読み漁っています。

 

 

この前のblogでも書きましたが、

そんな中で出会ったアーユルヴェーダに強く心が惹かれているのですが、

 

最近は、カイロプラクティックの勉強も始めたりで

もう収集が付かなくなりそうなので、

 

今は深く追及しないことにしています。(かなり追及したいけど)

 

 

それでもこれだけは取り入れようと思った

アーユルヴェーダの油が「ギー」です。

 

 

ギーは何か?というと、

牛、やぎ、水牛のミルクを原料にして作ったバターです。

 

良い油がアンチエイジングには絶対不可欠!だと思っているのですが、

 

ダイエットやアンチエイジングの悪者というイメージも強いかと

思います。

 

でも、実は私たちの身体60兆個の細胞の膜の原料となるもの、

そして大切なホルモンの材料となるものなのです。

 

 

1.ギーの美肌効果

 

ギーにはそのほかにも抗酸化成分のビタミンE、ビタミンA、カロテンが含まれています。

これらは美白効果や美肌効果があるといわれています。

 

 

2.ギーのダイエット効果

 

ギーに含まれている、「中鎖脂肪酸」、「短鎖脂肪酸」、「共役リノール酸」は

ダイエットの強い味方です。

 

中鎖脂肪酸は摂取すると酵素や胆汁酸を使うことなく、すぐに小腸で分解、吸収されます。

消化機能への負担が少ないのです。

炭水化物と違って、脂肪になりにくいことが特徴です。

 

ちなみに内臓脂肪を減らす効果もあるとされています。

 

短鎖脂肪酸は筋肉に作用して脂肪燃焼を促進します。また、血液で運ばれた脂肪の余分な蓄積を

防ぎます。

短鎖脂肪酸は中鎖脂肪酸よりもさらに分解されやすいので、体脂肪になりにくいです。

 

共役リノール酸は不飽和脂肪酸のひとつで乳製品に多く含まれる脂肪分です。

共役リノール酸は、脂肪の分解や燃焼に不可欠な酵素、「ホルモン感受性リパーゼ」に働きかけて脂肪燃焼を促進します。

また、筋肉の成長を促して代謝を高めてくれるのです。つまり、脂肪が燃えやすく、

かつ脂肪を溜めにくい体につながります!

 

ギーはダイエットにもってこいの油なのです!

 

 

3.ギーのその他の嬉しい効果

 

 

ギーにはその他にも美容に嬉しい効果がたくさんあります。

 

☆腸内環境を良くする効果

短鎖脂肪酸の中でもギーに含まれる「酪酸」という成分は

腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌を減らす効果があります。

 

 

☆消化機能を高める効果

☆抗アレルギー効果

花粉症の人にもおすすめです。

 

4.ギーの注意点

 

そんな美容に万能なギーですが、注意点があります。

それは、

 

・グラスフェッドバターが原料のものを買うこと

 

グラスフェッドビーフというのは牧草のみで育った牛のこと。

ホルモン剤や遺伝子組み換えの心配のない牛のことです。

 

・1日の摂取量は大匙1杯

 

いくら健康に良いといっても油です。

カロリーは1グラムあたり9キロもあります。

摂りすぎないようにしましょう。

 

・はちみつと一緒にとらない

アーユルヴェーダでははちみつも美容効果があるとされていますが、

一緒に摂るとお互いの効能を打ち消してしまうと

言われています。

 

 

私は最近、コーヒーにギーを入れて溶かして飲んでいます。

満足感が高まりますし、

ギーには消化を助ける働きもあるので、

なんだか胃の辺りが軽くなって良い感じです。

 

 

これは続けていこうと思います!