ふと撮られた自分の横顔の写真が

「ガーン!」とびっくり

顎の下のお肉は何??

 

と思ったことはありませんか?

 

私はあります(涙)。

 

顎は年齢や後は生活感が出るところ。

顎がたるんでいると

 

パッと見た時になんだか生活もたるんでいるような印象を

人に与えてしまいます。

 

逆に顎がすっきりしていると若々しさや、

生活も整っている印象を感じさせやすいです。

 

体脂肪が多い場合は体脂肪ももちろん落としていくことが

必要な場合がありますが、

 

最近、増えているのは痩せているのに二重顎、というパターン。

 

身体全体の脂肪はそんなに多くないのに顎がたるんでしまっている、

という方が多いです。

 

とってももったいない!!!

 

 

これは、実は姿勢と普段のちょっとした癖が原因

ことが多いです。

 

逆に身体の体脂肪がある程度あるのに、

顎はスッキリ♪なんて方もいます。

 

美しい顎は日々の少しの心がけで作れますので意識していきましょうね!

 

 

さて、いつまでも顎が美しい女性で私がいつも

見とれてしまうのが

バレエダンサーの草刈民代さん。

 

 

そして横顔の王様!(と私が勝手に呼んでいる)

 

オードリヘップバーン様!!

 

お二人とも本当に美しい横顔。

 

見とれてしまいますが、

この2人の共通点はバレエダンサーだ、ということです。

 

草刈民代さんは日本を代表するバレエダンサーですし、

オードリーも5歳からバレエを始めて、バレエダンサーを夢みていました。

 

 

バレエの頭のポジションは美しい顎を作るのに

とても有効なのです!

 

 

バレエ頭を作るポイントは

 

肩甲骨の間の背骨と鼻先です。

 

実は、痩せているの二重顎の方の多くは

顎を後ろに引いてしまう癖がある方が多いです。

 

姿勢を良くしようとして無意識にやってしまうようですが、

実はその癖が二重顎を作ってしまっています。

 

この癖をなくしていくことで二重顎が改善される方は

とても多いです。

 

 

そしてもう1つ大切なポイントは肩甲骨の間の背骨!

専門的には胸椎の4番、という骨です。

 

 

 

 

この骨が後ろに飛び出してしまうと猫背姿勢や、

頭が前に落ちてしまうことになります。

 

ですから、少し胸椎の4番を身体の中に押し込み、

鼻先をツンと5ミリくらい前に伸ばすような意識をしてみてください。

 

 

どうですか?

 

オードリーのような凛とした姿勢になってきましたか?

 

 

「なんで自分は二重顎が解消されないんだろう??」

という方は是非試してみてくださいね!

 

 

1ヶ月後に横顔が変わっているはずです。