最近、小顔整体のことをずっと考えているので、

電車の中や、街で人の顔をじっと見てしまいます。

 

怪しまれないように気をつけたいと思います。

 

今日はお顔のたるみのお話をしたいと思います。

お顔の悩みの上位にいる、

 

「お顔のたるみ」

 

です。

 

お顔のたるみは皮膚のコラーゲンなどの減少でのたるみや、

昨日書いた骨の変化などの理由がありますが、

 

お顔の脂肪

 

というのも大きな原因となります。

 

お顔の脂肪は2層になっていると考えていただいて良いかと思いますが、

 

 

表皮の下にある皮下脂肪と、

それよりも深い位置にある深層の頬の脂肪です。

 

頬のたるみの原因となる脂肪は主にこの深層の脂肪で、

この脂肪は固く塊となっている方も多いです。

 

固く重くなった脂肪は重力で下に下がりますので、

それを支える組織や筋肉も一緒に下がってしまいやすく

なります。

 

 

この部分を柔らかくほぐし、無駄な老廃物を流してあげると

軽くてふんわりとしながらも、

引き締まった頬になりやすいです。

 

 

ちなみに頬の脂肪は咀嚼にも関連しているのでは?

 

と言われています。

 

どのように関係しているのかはまだ不明のようですが、

衝撃吸収材の役目か、吸う力を助けているのでは?

という意見もあるようです。

 

私の体験でもしばらくの間、右の奥歯が虫歯で右側で物が

噛めない期間がありましたが、

 

右側の脂肪量が減って、さらに固くなったことがありました。

 

咀嚼と頬の脂肪の関係は深そうです。

 

また、頬の脂肪内には多くの血管が走っていて、

頬の脂肪をほぐしているとお顔全体の血流が良くなります。

 

お顔はとても血行が悪くなる部分ですから、

頬をほぐす意味は大きいですね。

 

あとは、頬の脂肪は目の周りの脂肪と連絡を神経的に

とっている、という報告もあるのだとか!

 

これはすごく面白い、と思いました。

 

目の脂肪は目の下のたるみになってしまい、

年齢とともに気にされる方が多いのですが、

 

この部分に良いアプローチになる可能性があるのかも。。

とちょっと検証してみようと思います。

 

頬をほぐす時はゴリゴリと強くせずに

じわーっと指と頬骨で頬の脂肪を挟んで溶かすような

イメージでほぐしてくださいね。

 

皮膚を傷つけないようにしてください!