「頭軽いですか??」

 

こんなことを聞くと

「おつむ空っぽですか?」

 

と聞いているように聞こえたようで、

あるお客様に

 

「ちゃんと詰まっています!」

と怒られたことがありました(笑)。

 

ごめんなさい。

 

言葉足らずでした。

 

本当の頭の「重さ」の話でした。

 

 

こんな状態ですと頭は重いったらありゃしません。

 

実際に頭の重さは成人で約5キロと言われています。

5キロのお米を持ってみたことがある人は多いかと

思いますが、

 

かなり重いです。

 

こんなものを頚椎という細い首の骨の先に乗せているのですから、

かなり重い状態になりやすいと思います。

 

 

頭が重い状態で動くと首を痛めかねないし、肩も凝るし、

 

何よりも気分が良くありません。

 

頭の重みを感じないような身体になることで、

ハッピー感は増しますし、自由な身体が手に入ります。

 

頭を軽くするポイントは

 

どこまで首だと思うか?

 

これがポイントになります。

 

多くの人が頭の後ろから背骨をしたに触っていって、

最初に当たる骨が出っ張っている所までを首と認識しています。

 

 

頚椎の7番という所です。

 

解剖学的にもそこまでが首で正しいのですが、

そこまでを首だと思っていると、

 

そこで首を折るのがくせになるので

ポケモンの写真のようになりやすいのです。

 

 

そうならないためにはもう少し下まで首を伸ばしていく

必要があります。

 

 

胸椎の4番まで(肩甲骨と肩甲骨の間のあたりです。)

 

この部分まで首だと思うとポケモン写真の状態になりません。

 

試しに、肩甲骨の間あたりから背骨の骨をなるべく高く長くするように

伸ばしてみてください。

 

左右に頭をふると背骨を伸ばしている時の方が、

伸ばしていない時よりも頭が軽いはずです。

 

軽い頭でいると思考は開けていきます。

大切な頭のポジション。

心がけてみてください。