ボディワークを習っているJIDAIさんのアートマイムを見に行ってきました。

 

 

思った以上に素晴らしかった(笑)。

(JIDAIさんごめんなさい。)

 

 

私がJIDAIさんの事が大好きなのは、

JIDAIさんはいつも誰とも戦っていない感じがするから。

 

人って結構戦っていると思うんです。

 

他人と戦っていないとしても自分と戦っていたり、、。

 

JIDAIさんは「ただいる」感じがして、

 

ただ木が立っている、とかそんな存在感で、

私はいつもJIDAIさんにお会いして、

JIDAIさんと一緒に過ごさせて頂く時間が

楽しみです。

 

なかなかJIDAIさんを言葉で言い表す事が出来ないのですが、

 

JIDAIさんのアートマイムも言葉で言い表すのは

なかなか難しいです。

 

私は美大に行っていた事もあって昔、

美術館に行くのが好きでした。

 

海外から素晴らしい絵が来た、と聞けば

見に行っていました。

 

 

素晴らしい絵がかけられたその空間は

何も飾っていない空間とは全く別物になります。

 

絵は何も喋らず、ただ存在するだけですが、

 

そこから発せられる厳かさ、美しさ、神々しさの

ようなものは

 

私の身体の中の何かを揺り動かし、

いつも私は言葉にしにくいその「何か」を

感じたくて、

 

美術館に足を運んでいました。

 

そして、素晴らしい美術品に囲まれた空間に

ベンチや椅子があれば、

 

そこに座っていると必ずひどく眠くなりました。

 

そして、実はそこで少し寝ていました(笑)。

 

そして、起きると何だか自分が生まれ変わった気がして、

 

生まれ直した、という感覚でしょうか。

 

そんな感じがして一時期その感覚にはまっていた

時期がありました。

 

(こう書くとかなり怪しいですね。)

 

 

昨日のJIDAIさんのアートマイムを見て、

その感覚をまた感じて、

実は少し寝ました。

(JIDAIさん、2度目のごめんなさい。)

 

そして、起きた時にやはり私は生まれ直した感じがしました。

(最後のほうにちょっと寝ただけで、ほぼきちんと見ていましたよ!)

 

人を揺り動かす絵や彫刻も何も言わないけれど、

ただそこに「ある」だけで、

何年も、何百年も人々の心を揺り動かして、

 

何かを感じさせていたように、

 

何も言わずに「ただいる」けども、

人を動かすというのは、

 

すごく難しく、

 

しかしだからこそ目指したい領域だなと思いました。

 

 

しかも動くというのはさらに難しい。

 

動きが一瞬でも不快だと、

 

そこまで積み上げてきた感動が崩れてしまうから。

 

 

それを最後まで同じ素晴らしさで居続けているのも

すごいなーと思いました。

 

 

ボディワークの可能性を感じてワクワクしました。

 

マナレアのボディワークも進化します!