綺麗なヒップを作りたいー!!

ヒップアップトレーニングに勤しむ前に

気にしたいのが骨盤の角度

 

骨盤には前傾後傾という前後の傾きがあります。

 

この傾きが後傾のままだとお尻トレーニングを

いくらしても、ヒップがなかなか上がってこない(涙)。

 

黒人さんやお尻がぷりっ!と上がっている人は

骨盤が前傾いています。

 

 

 

 

日本人のお尻はのっぺり型というか、

平べったくあまりボリュームがない人が多い・・。

 

 

 

若い時は平べったいお尻もなんとなく丸みもあって可愛いのですが、

30代、40代以降になってくると、

 

お尻のお肉がどんどん減ってきて、

一方、背中はどんどん分厚くなるという、

 

なんとも悲しいバランスになりがちです。

 

 

特にデスクワークで一日中座っている人は、

骨盤後傾傾向が強まりますので注意です!

 

 

骨盤後傾の人がたいてい固い筋肉がこちら。

 

 

 

大腿方形筋(だいたいほうけいきん)

 

大腿方形筋は股関節を外旋するためにある6つの筋肉、

梨状筋、上双子筋、下双子筋肉、内閉鎖筋、外閉鎖筋、大腿方形筋の

深層外旋六筋の中でも最も強力な筋肉です。

 

 

この筋肉が固いと骨盤の後傾がなかなか良くなりません。

 

 

お尻を上げたい方は寝る前の大腿方形筋というか外旋筋のストレッチが

オススメです。

 

やり方は簡単!

 

①椅子に座って片足の足首を反対の太ももに乗せます。

そして、しっかりと背筋をのばします。

 

②背中が丸くならないように気を付けながら、お腹を足に近づけていくようにお辞儀します。

 

 

横からの図です。

 

 

やりすぎは厳禁!

あくまでも気持ちよい範囲でやってくださいね!