「脚が痩せたい!」

 

と言うと背骨は関係がないという人がいるんですが、

 

実は背骨は美脚のために大切なものなんです。

 

 

 

背骨は歩行時に脚からの衝撃を逃がすサスペンションの役目を

します。

 

背骨が上手に使えることで大腰筋などの

体の奥にある筋肉が上手に働くことができます。

 

 

美脚になるためには脚の負担をできるだけ減らし、

軽い脚を作ることが大事です。

 

 

そのためには背骨はとっても大切。

 

背骨のことを知って、

背骨の質を上げていきましょう!

 

 

背骨はこんな構造です。

 

 

 

 

背骨は

 

頚椎7個

胸椎12個

腰椎5個

仙骨1個

尾骨1個

合計26個あります。

 

 

背骨の1個の骨のこと「椎骨」と言います。

 

26個の椎骨を1個づつ感じることができますか?

 

 

多くの人が背骨を固めた状態で生活してしまっています。

 

 

ちなみに椎骨と椎骨の間には椎間板という

クッション材が挟まっています。

 

この椎間板は柔らかくって形を色々と変えることが

できるのですが、

 

子供の頃は柔らかく水々しい椎間板が大人になってくると、

弾力を失ったて固くなってしまいます。

 

これは、椎間板に栄養や酸素を送る血管が

20歳頃以降は

無くなってしまうためです。

 

 

では、20歳以降はどうやって椎間板に栄養と酸素を遅ればいいのでしょう?

 

 

答えは背骨を色々な方向へ動かすことです。

 

 

私たちの背骨は20歳以降は

動かないと固まり、重力に潰される運命なのです!

 

なんと!

 

 

ということで動きましょう。

 

26個の骨を感じながら動くのがオススメ。

 

 

 

ヨガでよくあるキャット&カウや、

 

ひねりのポーズなんかもオススメ。

 

背骨がほぐれてくると、

重心が高くなってくるのも美脚には大切なポイントです!